ドラクエ4、シリーズの中でもすごく楽な部類

ドラクエ4は、ドラクエの中でも一番やさしい部類だと思います。ほとんど、ファミコン版とPS版との違いを覚えていないけどサクサク進むし迷いどころもほとんどなし、1から3のような理不尽なアイテム探しはなく、迷路も難しくない。
強いていえば、1章から5章まで別れているからそれぞれの章での特有の戦いや遊び方をしないと苦労するって事かな。1から大人だったから、そりゃー経験則もあるしへっぽこではあるがAIもついていたから簡単なのは当たり前かもしれないが…。ドラクエは全シリーズだれでもクリアできるとはいえ、なんかしら詰まったりかんがえなきゃいけない所があったのだが、4についてはほとんどなかった。
もっともサクサク進み過ぎるので、モンスターを倒すためには少々レベル上げが必要なのが玉に瑕だったかな。それと、5章はみんなが活躍するハズなんだけど使うキャラクターが決まっていて、最後まで馬車の中というのも・・・。それはそうと4はドラクエシリーズで最後のファミコンソフトでしたね。アコム 3万円

「お盆玉」って知っていますか?ブームって作れるんですね。

お盆に帰省した子供や孫にお小遣いをあげる。このことを「お盆玉」と呼ぶそうです。時事通信によれば、今やシニア層の3割が「お盆玉」という言葉を知っており、3割以上のシニア層が実際に「お盆玉」をあげる予定となっているそうです。でも、正直「お盆玉」って言葉、知りませんよね?笑 どうやらこの調査、あおぞら銀行による調査のようです。ここからは「お盆玉」を認知させることで、銀行の取引を増やす狙いが背景にありそうです。実際には流行っていないものをプッシュしてブームに繋げるというのは、かつてのマーケティング戦略では重要でしたが、1人1人が発信力を持った現代に通用するかは疑問です。まして、お盆に子供や孫にお小遣いをあげるのは、明文化されない習慣の1つだったわけで、そこに「お盆玉」という名前を付ける意味はあるのでしょうか?「お盆玉」は何だかブームを無理矢理作ろうとする雰囲気を感じます。皆さんはどのように思いますか?