銅と硫黄の組合せなどについて演習をしていた

構築などについて修練をしました。まずは、銅と硫黄の構築についてだ。硫黄を加熱し、とけたらその水蒸気の中に加熱した銅線を入れます。そして、硫化銅ができます。できた硫化銅は張りが無く、弱弱しいだ。銅板の上に硫黄をのせておくと、ふれたところに硫化銅ができます。放置しておくだけで、一致が進みます。銅と酸素の構築(銅の酸化)は、銅は空気内の酸素と結びつきます(酸化)。酸化したあとは、結びついた酸素の分だけ重くなります。水の構築と分解の関係は、燃料電池に利用されています。水素と酸素の構築は、水素と酸素の包含ガスに電気で花火をとばして点火行う。こういうシーン、水素と酸素をスケール比で2:1の割合で混合しておくと、最もすっごく一致行う。水の電気分解は、水に電流を出すと+極に酸素、−極に水素がスケール比で1:2の割合で発生します。構築の要所について修練をしましたが、知らないことばかりだったので、知れて良かったです。http://www.tegel.co/